×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

伊藤博文  夏目漱石  野口英世

売れ筋カテゴリ

情報:オークション□ファッション:ピアス□ファッション:美容

絶対なお得感

情報:テンプレート>FLASH作成キット□

1000円で、クラブのナンバー1!?


高度経済成長期。高級クラブやディスコで遊ぶ人が沢山いた時です。 あるクラブで、そんなに美人ではない女性が人気クラブのナンバー1だった事がありました。

伊藤博文 伊藤「間違ってはいないと思うが、男は先天的に、
女性が好きだが容姿は重視する。
高いお金を払って、遊ぶなら綺麗な美しい女性と遊びたいと思う。
なのに、何故、あまり美人でない女性がナンバー1になったのだ!?
高度経済成長期なら、クラブで働く女性も多かっただろうに・・・」

彼女が何故ナンバー1になれたのか?それは、このサイトの趣旨である、1000円が関係しています。 当時は、クラブなどで女の子にあげるチップは1万円が最低で100万円や50万円が主流で、 多くのホステスが、そのチップを惜しみもなく受け取っていました。
その中で、後のナンバー1ホステスであるA子だけはこういったそうです。
「そんなに沢山いただけないから帰りに食べるラーメン屋さんのラーメン代をください。」
そういうとA子は1000円だけをチップとして受け取りました。

夏目漱石 夏目「うんうん。僕には分かりますよ。一万円札だと、ラーメン屋さんもお釣りに困るだろうし、雰囲気的にも1000円だと思うよ。
でも、何故それでナンバー1?」

他の女性が多額のチップをもらっている中、謙虚な姿勢にお客さんが安心し
やがて、A子を指名するお客さんが多くなりました。


野口英世 野口「まさか、それだけでナンバー1になったとは言わないだろうな。」

A子の人気が上がったのにはもう一つ理由があり、A子はお客さんからもらった1000円で ラーメンを食べに行きそして、再びお客さんがお店に来た時、ラーメン代のお釣りを返しました。
たったこれだけの事でA子は、人気クラブのナンバー1になったのです。